ご当地メニューなどで見かける地鶏は何が魅力なのか?地鶏のミニ知識を紹介

このサイトではご当地メニューなどで見かけることの多い、地鶏のミニ知識をご紹介しています。
聞いたことがあるけれど、一体どのような点が魅力なのかという疑問を持っている人にも役立つかもしれません。
鶏の中でも品質の良いとされるこの肉は、タルタルソースの相性も最高に良いといわれています。
こういった鶏の肉が有名な地域には、その土地ならではの鶏肉を使ったお弁当があることも少なくありません。
グルメを堪能したい人にお勧めです。

ご当地メニューなどで見かける地鶏は何が魅力なのか?地鶏のミニ知識を紹介

全国各地に色々な種類がある地鶏は、なぜそれほどまでに多くの人の心を引き付けているのかと思う人もいるのではないでしょうか。
ミニ知識として知っておきたいこととしては、地鶏は様々なタイプのある鶏肉の中ではもっともグレードが高いという特徴があります。
長い時間をかけて育てられていることにより、よりおいしく食べられるのが魅力です。
また地鶏はそれぞれのブランドによって、異なる味わいの特徴を持っている点も魅力となっています。

地鶏はうまみが濃厚で噛む度に美味しさが広がる

われわれ人間は生きるためには必ず食べないといけません。
野菜から魚のほか、肉などを毎日バランスよく摂取をするのが良く、とくに日本人には鶏肉が愛されている食材です。
いろんなお料理に活用ができる食材であり、家庭でもたくさん購入をしてストックをなさっている方も少なくありません。
そして今では、国内でしか生産をされていない地鶏という品種も存在をしており、需要の高さがうかがえることでしょう。
簡単に地鶏の良さを見ていくと、うまみを凝縮しているのがポイントです。
以前はアメリカやブラジル・タイなどからブロイラーという鶏を輸入していましたが、品質が悪くて旨味は皆無でした。
安い価格となるため、スーパーなどでは総菜や冷凍食品で目にできましたが、地鶏とは違ってあまり人気はありません。
その点地鶏は噛めば噛むほど、美味しい肉汁が溢れてくるので、高いだけの価値がある品と言われています。
焼き鳥などの炭火焼料理にはおすすめです。

地鶏は和牛よりもさっぱりしていてヘルシー

最近は若い世代だけでなく、高齢者の間でも肉食を好む方が多くなりました。
タンパク質を摂取することが健康寿命を高めると言われており、厚労省では成人だと毎日400グラム以上は口にすることを推奨されているほどです。
豚や牛のほかに鶏肉などがありますが、もっともヘルシーなのは地鶏です。
簡単に地鶏と和牛に違いについて解説をしていきましょう。
まず地鶏というのは、1970年に農水省によってブランド化をされて肉のことです。
計50品目で構成をされており、第一号に認定をされたには名古屋コーチンです。
100gあたりで約20kcalしかなく、脂身がほとんどないのがポイント。
その代わりタンパク質量が約300kcaalとなるので、筋肉つくりに活用したいものです。
和牛だと霜降りという脂身があるため、少量でも非常に多くの脂質を吸収しがちとなります。
ダイエットを頑張っている方にも、地鶏はとってもヘルシーで食べるべき食材になるわけです。

地鶏はボディメイクをしている人に最適

"

もしこれからボディメイクをしようと考えている方は、筋力トレーニングとともに食事にも気を遣う必要があります。
普段の食事を見直しつつトレーニングに励むことで、理想的な体へ少しずつ近づいていけるはずです。
米やパン、麺などの炭水化物をなるべく避け、肉や魚、大豆などに含まれるタンパク質を積極的に摂取する必要があります。
タンパク質は筋肉を作る上で欠かせない栄養素ですし、毎食忘れずに取り入れるようにしてください。
プロテインドリンクとしてではなく、できるだけ毎回の食事で摂取することが大切です。
ちなみにタンパク質を多く含む食材はいくつかありますが、その中でも地鶏を選んで食べ続けるようにしましょう。
地鶏は他の牛肉や豚肉、魚介類などと比べて安く手に入りますし、淡白な味わいなのでとても食べやすいです。
サラダや豆腐などとも合わせやすいですし、必要な分量をしっかりと食べられます。
調理方法は焼くのではなく、蒸すか茹でるかを選択してください。
こうすることで油を使わずに済みますし、余計な脂肪分が落ちてより食べやすくなるはずです。

"

地鶏のお取り寄せを利用すれば宮崎地鶏を自宅で食べられる

これからますます寒さが厳しくなりますが、毎日でも食べたいと思うものがお鍋でしょう。
日本固有の食文化でもあり、水炊きからちゃんこ鍋などがあります。
この場合、必ず鶏肉を使用しますが、昨今はお取り寄せグルメサービスを活用すれば、全国各地の地鶏を気軽に購入をすることが可能。
簡単に地鶏の良さとおすすめの地鶏をご紹介します。
まず地鶏とは、1960年から農水省がブランド化をした鶏肉です。
計50品目で構成をされておりその土地でしか生産をなされていない個体になります。
多くの品種で構成をされていますが、もっとも人気があるのが宮崎の品種です。
焼き鳥からフライドチキンに最適な品で、お取り寄せを利用すれば自宅でも気軽に味わうことが可能。
おすすめは水炊きで、野菜と一緒に煮込んで味噌立ての出汁を堪能することが可能です。
宮崎では郷土料理になっており、お盆や正月など大勢の方が集まる席では必ず用意をしてみんなで味わっています。

地鶏に関する情報サイト
地鶏のミニ知識

このサイトではご当地メニューなどで見かけることの多い、地鶏のミニ知識をご紹介しています。聞いたことがあるけれど、一体どのような点が魅力なのかという疑問を持っている人にも役立つかもしれません。鶏の中でも品質の良いとされるこの肉は、タルタルソースの相性も最高に良いといわれています。こういった鶏の肉が有名な地域には、その土地ならではの鶏肉を使ったお弁当があることも少なくありません。グルメを堪能したい人にお勧めです。

Search